SGAコラムArchives

これは8%?10%? 外食にまつわる「消費税」について

東京の桜が満開になりました。

皆様お変わりなくお過ごしのことと思います。

会計事務所の1年で最も忙しい3月確定申告を無事に終え、ホッとするのもつかの間。

我々は3月の法人の決算に向けて動いております。

今回のテーマは、なにかと話題にあがっています「消費税」。

10/1から税率は8%から10%になります。

しかし、今回の改正はすべてのものが10%になる訳ではありません。

8%のままのものも混在するのです。

代表的なものが飲食店での食事。

外食が10%、持ち帰り食品は8%。たとえ同じ食品でも、外食は飲食設備のある場所で飲食させる役務の提供だから10%。

一方、持ち帰り商品いわゆるTake Outは飲食設備を利用しないことを前提にしているため8%なのだそうです。

それでは、ファーストフード店等はどうなるのでしょうか?

店で注文して店内で食べれば10%、持ち帰って食べれば8%。

10%と8%、店員さん大変になりそうですね。

中にはTake Outと言って8%払ってそのまま店に残って飲食する。

そんな光景もありそうですね。

 

グループ代表ブログひげ所長のひとりごと 税務に関するご相談にお答えします!税務相談室
PAGE TOPPAGE TOP

Copyright © 新宿で税理士を探すなら新宿総合会計事務所
All Rights Reserved.