医療法人の皆様へTo medical corporation

医療法人向けサービス

近年、日本国内における医療法人制度は大きな変革期を迎えております。

少子高齢化やそれに伴う国としての経済力の低下、その反面、医療技術は進歩していること等により、予算は減っているにもかかわらず、医療の対象、医療の範囲は広がっていることとのリバランスの問題が遠因にあると考えられます。

このような状況下において、SGAでは、クライアントの皆さまのニーズや状況に合わせて、オーダーメード型のサービス提供をしていくことをお約束いたします。

具体的事例

クライアントは、ある大手医療法人の分院(クリニック)の院長をされていました。
ご実家はお父様が個人事業で病院を営まれていたのですが、急遽お亡くなりになり、その対応に苦慮されていました。
ご実家が個人事業であったため、病院経営を存続させるためには開設者・管理者としてご本人がご実家の病院に常勤せざるを得ませんでした。
そのためには勤務している分院を退職することになりますが、ご自身がクリニックの実質的な経営者であったため、こちらも離れることができない、板挟みの状態でした。

解決策として、ご実家の病院と勤務しているクリニックの経営を継続するために、双方を一つの医療法人として設立することをご提案致しました。

そのためには、勤務している医療法人からの事業譲渡、医療法人の設立、そのための資金調達を同時並行させる必要がありました。
勤務している医療法人からはクリニックの事業譲渡については承諾を得られていたものの、価格交渉が難航致しました。

さらに、設立予定の医療法人に、ご実家の病院、クリニックを速やかに引き継ぐにあたっては、それぞれの所轄官庁と綿密に折衝を行う必要がありましたが、何とか無事に満足の行く結果が得られました。

また、設立後においても、双方が独立した機関であったため、医療法人としての本部機能が存在しておりませんでした。
そのため、SGAが本部機能を代行し、法人全体としての予算管理、金融機関との折衝、会議運営等を行っています。

グループ代表ブログひげ所長のひとりごと 税務に関するご相談にお答えします!税務相談室
PAGE TOPPAGE TOP

Copyright © 新宿で税理士を探すなら新宿総合会計事務所
All Rights Reserved.