SGAコラムArchives

税務調査「現況調査」について

1.現況調査とは

税務調査は大きく分けて任意調査強制調査があります。任意調査とは、調査を受ける会社側の同意を得て行う調査です。一方、ある日突然調査官がやって来て、会社の中を隅から隅までひっくり返すように調べるのが強制調査です。強制調査は国税査察官(通称「マルサ」)が裁判所の捜査令状を受けて一方的に行うもので、会社側の同意は必要ないため、拒否できません。このように任意調査と強制調査は大きく違いますが、両者の中間的存在に「現況調査」があります。現況調査は任意調査の一つではありますが、事前の連絡なしに、突然調査官が調査に訪れます。特に現金商売をしている会社に対して行われる可能性が高いです。事前に連絡すると、不正が行われている場合その証拠となる資料を隠されてしまう恐れがあるからです。

2.現況調査への備え

現況調査は調査官が予告なしに突然やってきますので、整理整頓(特にレジ周り、金庫の中等)と毎日の記帳が必要不可欠です。また、誤解を受けるようなものは日頃から排除しておくことも重要です。

例えば、皆様は次の事項は大丈夫でしょうか。

① 前日の売上が正しく帳簿に記帳され、その現金が売上伝票やレジペーパーと合致しているでしょうか。飲食店等で予約帳がある場合には予約帳も調べられますので、売上が漏れなく計上されるようにしてください。

② レジ現金有高は前日の現金売上につり銭現金を足した額となっているでしょうか。

③ レジ周りは整理されているでしょうか。

④ 机周りは整理されているでしょうか。社長や従業員の認印等は分けて保管してください。

⑤ 売上金を社長宅、事務所に保管しているときは、その保管場所は整理されているでしょうか。個人の現金とは混合せず、分けて保管してください。

3.現況調査の初期対応

現況調査では、その初期対応が非常に重要です。

調査官が来るのは店舗であれば開店前、社長の自宅や、事務所には9時から10時頃に予告なく突然来ます。次の通りご対応ください。

① 落ち着いて、担当官の名前と部門をメモしてください。

② なぜ事前通知なしに調査を行うのか理由を聞いてください。

③ 「強制調査」か「任意調査」どちらであるかを聞いてください。

④ SGAに連絡する旨を調査官に伝えてください。

⑤ 調査官には外で待機するようお願いしてください(決して中には入れないでください)。

⑥ 調査官が来た旨をSGAの担当者にご連絡ください。

⑦ SGAが調査官と対応いたしますので、SGAからの指示・報告をお待ちください。

いつ現況調査が来ても問題がないように、日頃から整理整頓や適正な記帳を心掛けましょう。ご不明なこと、ご不安なことがございましたらSGAの担当者にご相談ください。

グループ代表ブログひげ所長のひとりごと 税務に関するご相談にお答えします!税務相談室
PAGE TOPPAGE TOP

Copyright © 新宿で税理士を探すなら新宿総合会計事務所
All Rights Reserved.