ひげ所長のひとりごとArchives

2020年8月 August

SGAではこれまで次世代経営者塾「若社長」を運営し、実際幾人もの若手経営者を輩出してきました。その後平成30年事業承継税制が刷新されたのを機に、事業承継サポートに注力してきました。名付けて「後継(あとつぎ)」。お時間があるときにでもウェブのランディングページを一度ご覧になってみてください。

データから、後継者未定の70歳以上の中小企業経営者は2025年に127万に上ると予想されています。もしこれらの企業が廃業するとなると日本経済は…。それでなくても今般のコロナ禍で立ち行かなくなる企業は想像をはるかに上廻る件数になると思います。

「事業承継」はお国の為にもマストなのです。親族に承継する場合、従業員に承継する場合、いずれも無理で社外に承継する場合(M&A)でも一朝一夕には事は運びません。少なくとも5年はかかると思ってください。今から始めても決して早すぎることはないと思います。

幸か不幸か、コロナ禍で利益が減ったり、参考とする上場株式の株価が下がったりすれば、自社株の評価額はおのずと下がります。そうなると自社株を譲渡や贈与する場合の税額も下がって、承継しやすくなるという皮肉な効果が出てきます。

私自身まだまだ若いと思っているのですが、お客様に「後継(あとつぎ)」をおすすめすると必ずといっていいほど「所長はどうするんですか?」と聞かれます。さすがに何も考えていませんとは言えないので、私も重い腰を上げることにしました。昨年から事業承継の準備を始めて、第一段として先月組織変えをいたしました。

私自身子供がいないのでスタッフの中から後継者が育ってくれればいいなと期待しています。

ところで新型コロナの勢いは全く衰えていません。そんな中で国の家賃支援給付金の申請が始まりました。

今までにもいくつかの給付金や助成金がありました。その申請についてはSGAでは総力を上げてお手伝いしています。他の事務所のことはわかりませんが、SGAではその為の報酬は一切いただいておりません。

こういう時こそ、今までお世話になってきたお客様への恩返しのつもりでサポートさせていただいております。

お互い全力でこのコロナ禍を切り抜けましょう!そして事業承継も。

グループ代表ブログひげ所長のひとりごと 税務に関するご相談にお答えします!税務相談室
PAGE TOPPAGE TOP

Copyright © 新宿で税理士を探すなら新宿総合会計事務所
All Rights Reserved.