ひげ所長のひとりごとArchives

2020年5月 May

先月16日夜、7都府県に続いて全国に緊急事態宣言が発出されました。

新型コロナの感染は収束に向かうどころか、一向に衰える気配を見せません。これを書いている間にも都の感染者が1日で200名を超えてしまいました。さぞや皆さんご苦労なさっておられることと案じております。営業自粛対象業種のお客様はもちろんのこと、顧問先で2社あるタクシー会社様も休業を余儀なくされました。

こういう事態になると最も心配なさっておられるのは資金繰りだと思います。

先月号で最悪の事態を想定して対応して下さいと書きましたが、皆さん早急に行動に移していただいたようです。早い方では5月早々にも緊急融資が実行される予定です。とは言え借りた以上いつかは返さなくてはならないので、「できるだけ沢山借りたい」という気持ちは分からなくはないのですが…。

このコロナ禍がいつまで続くか予測不能ですが、悲しいかな、かなりの企業が廃業に追い込まれるとみています。裏を返せば、終息後はライバルがかなり減っているわけですから、我々はこれをチャンスととらえなければなりません。比較的時間に余裕のある今こそ、スタートダッシュをかけられるような備えを怠らないようにしていただきたいと思います。

SGAでは3密回避もあって、従来課題であったテレワークにチャレンジしています。約5名が在宅で、他の3名がそれぞれサテライトオフィスがあるウイワーク渋谷・新宿・四谷で業務を行っております。

在宅勤務の場合は学校や学童に行けない我が子に手を焼いている様子。サテライトオフィス勤務の場合も今まで気づかなかった問題点がいくつかでてきました。

近い将来を見据えて、テレワーク、RPA(ロボットによって業務を自動化するシステム)をこの際一気に推進させたいと考えています。そうすればオフィスの問題、人材の問題も同時に解決できると思います。いずれにせよ、このコロナ禍、一日も早い終息を願っています。

私個人の考え。台湾や韓国のようにPCR検査を簡単かつ迅速に全国民に対して実施できるなら、陽性の人を隔離さえしてしまえば、現在我々が感じている不安・不自由さや経済活動の停滞はある程度防げると思います。

もっともPCR検査の正確性や人権侵害のおそれがあるなど、実現性には無理があると思いますが…(笑)。

皆さん、もうしばらくの我慢です。明けない夜はありません。がんばりましょう!!

グループ代表ブログひげ所長のひとりごと 税務に関するご相談にお答えします!税務相談室
PAGE TOPPAGE TOP

Copyright © 新宿で税理士を探すなら新宿総合会計事務所
All Rights Reserved.