ひげ所長のひとりごとArchives

2019年 4月 April

先月のある日曜日の話。

ゴルフ場に出かけたものの、到着直前から雨が。

予報では降り出しは午後からだったのに…。

寒さと雨のためプレイは断念し、ちょっとだけ練習をして(エライッ!)。

その後国立駅そばで大学通りにある「高倉町珈琲」に。

ここはすかいらーく創業者横川竟氏が約5年前に創ったお店で現在20店舗を超えています。

このお店のコンセプトは「心の休憩所」。

日々仕事や家事に忙殺され種々のストレスをかかえている人たちが「ホッとできる」お店です。

今のすかいらーくグループを始め、食べ物を売るだけ(?)のファミレスが失くしてしまった空間です。

ゆったりした席の配置、座りごこちのいいソファ。

センスのいい調度品。

BGMを聴きながらこの店イチ押しのパンケーキと薫り高いコーヒーを飲んでいるとまるで別荘のリビングにいるような錯覚におちいります。

皆さんも是非一度!

心が安らぎますよ~。

実は何を隠そう年末の「望年会」第一部で横川氏にご講演をしていただく予定です。

乞うご期待!

時計を見るとまだ10時半。

よしっ!一路府中のTOHOシネマズへ。

ここは府中駅に隣接するビルに入っているシネマコンプレックスで9つのスクリーンがあります。

迷わず「グリーンブック」。

先日アカデミー賞の作品賞を受賞した映画です。

黒人の天才ピアニストとその彼の伊系白人運転手との実際にあった物語。

題名の「グリーンブック」は1960年代アメリカの黒人旅行者向けに黒人が宿泊できるホテルを紹介したガイドブックに由来しているようです。

物語は黒人差別が特に激しかった南部各地を演奏旅行で廻る2人のやりとりで展開していきます。

育ちが良く白人の上流階級に人気のある黒人と粗野で貧しい育ちの白人。

すべてにおいて正反対の2人が旅行中のいくつものトラブルを通して徐々に心を通わせていくストーリーです。

トラブルは当時の人種差別に起因するもの。

この映画を観た人全てがこういった差別は理不尽で看過できないと感じると思いますが、60年を経た現在でも世界の到るところで似たような差別が存在しています。

日本で人種差別があるとはほとんど感じませんが(ヘイトスピーチなど受けている人は感じていると思います)、格差社会とりわけ経済格差は静かにしかも確実に進行しています。

いろいろと考えさせられた映画でした。

皆さんも是非。

今回のことでゴルフをしなくても、休日をかくも有意義に過ごせるということがよくわかりました(笑)。

グループ代表ブログひげ所長のひとりごと 税務に関するご相談にお答えします!税務相談室
PAGE TOPPAGE TOP

Copyright © 新宿で税理士を探すなら新宿総合会計事務所
All Rights Reserved.