ひげ所長のひとりごとArchives

2018年12月 -December-

皆様のお手元にこの月報が届くころには既に発売になっていると思います。

『もしもの時の「終活・相続」バイブル』

いいネーミングじゃないですか!なにを隠そうSGA初の出版物です。12月3日クロスメディア・パブリッシングから全国一斉発売されます。日経新聞朝刊にも大きな広告が掲載される予定です。今までも加除式の本(新日本法規出版)の出版は2冊ありました。しかし、今回のような単行本は初めてです。

私がこの業界に入って40余年経ちました。たくさんの経営者の方に出会い、お世話になってきました。第一線で活躍なさっていて、当初近寄りがたいほどの社長もやがて角がとれていきます。一般的には、人間として円熟味を増してきたと喜ばしいことなんでしょうが、戦友としてみた時には一抹の寂しさを私は感じます。相手も私のことをそんなふうに感じているのかな…。

そんな社長が更に歳を重ねていくと、とても不憫に感じることがあります。例えば長期療養している病院のベッドの両隣が認知症の患者さんだったり、入居した施設がとてもお粗末だったり。若い時から苦労して稼いで貯めてきたお金があるにもかかわらずですよ。

家族の為にお金を残しておいてあげたいとご自身が思っておられるのならともかく、身体が不自由になったり、軽い認知症でも入ってきたりすると、ほとんどの場合はご家族のお考えです。相続する財産が減ってしまうとでも思っておられるのかもしれません。

バリバリの昔を存じているだけに見るに忍びないです。何かいい解決策がないかと、やっとたどり着いたのが「オレ様の認知症対策®」です。そしてこの思いを広く知っていただく為に今回、本にしました。

12月6日の「望年会」にお越しいただいた方には、記念に差し上げようと考えています。そうでない方は是非お買い求めください。

老後は印税生活できるといいな(笑)。

グループ代表ブログひげ所長のひとりごと 税務に関するご相談にお答えします!税務相談室
PAGE TOPPAGE TOP

Copyright © 新宿で税理士を探すなら新宿総合会計事務所
All Rights Reserved.